わたかわ 鉄道&旅行ブログ

乗り鉄&旅好きの現役男子大学生が全国を巡る!

【鹿児島市内→鹿児島空港】リムジンバスより安く行く方法がありました!

f:id:watakawa:20210620123326j:plain

みなさんこんにちは! わたかわです。

突然ですがみなさんは「鹿児島空港」を利用したことはありますか?

f:id:watakawa:20210620111944p:plain

鹿児島空港は市街地から遠・す・ぎ・る!(Googleマップを元に作成)

九州南部最大の都市・鹿児島の空の玄関口である鹿児島空港鹿児島県霧島市という場所にあり、鹿児島中央駅等がある鹿児島の市街地からは直線距離で何と20km以上も離れています。東京・大阪等本州の多くの主要都市から鹿児島へ向かうにはとっても便利な飛行機ですが、空港がこれだけ遠いようではお世辞にも便利とは言い難いものがあります。

f:id:watakawa:20210620112600j:plain

便利だけどちょっとお高め

鹿児島市内~空港間ではリムジンバスの運行があり、鹿児島中央駅鹿児島空港間を約40分で結びます。終日10~15分間隔で運行されており非常に便利ではありますが、しかし運賃は1,300円とややお高めな印象を受けます。しかし羽田・成田等と異なり空港連絡鉄道の運行はないため、これがほぼ唯一の空港アクセス手段となるためほとんどの人はこのリムジンバスを利用するはずです。

f:id:watakawa:20210620113050j:plain

バスではなくJRに乗ります

しかし今回、そんなリムジンバスよりも安い手段で鹿児島空港まで行く方法を見つけたので、それをご紹介していきます!

まずは鹿児島中央駅から、17:46発の日豊本線 普通列車 都城に乗車します。都城までまっすぐ行くのではなく、途中肥薩線吉都線を経由してわざわざ遠回りして都城に至るという、何とも面白い列車です。

f:id:watakawa:20210620113417j:plain

キハ40系!

使用される車両は、国鉄時代から活躍するキハ40系(2両編成)。平日の夕方ということで、車内は大量の高校生で溢れかえっています。これほど大きなターミナル駅に今でもヨンマルが入線する光景は全国的にもかなり珍しい気がします。

f:id:watakawa:20210620113822j:plain

冬なので真っ暗

列車は定刻通り鹿児島中央を発車。鹿児島、竜ヶ水、重富姶良…と各駅に停車しながら進んでいきます。乗車したのは昨年12月だったため、18時前すが既に外は真っ暗で車窓はほとんど何も見えません。

f:id:watakawa:20210620114131j:plain

加治木駅で下車

気動車に30分ちょっと揺られ、18:23に加治木駅へと到着。今回はここで下車します。

ちなみに鹿児島空港の”最寄り駅”として知られる肥薩線の中福良駅から山道を3.6kmほど歩くと鹿児島空港にたどり着けると言われており、まさに今乗ってきた列車はこのあと肥薩線に直通するため中福良駅で下車できるわけですが、今回は外も暗いということで中福良駅からの徒歩ルートは空港へのアクセス手段として安全とはいえず、安全性と安さを両立できるルートをご紹介しております。

f:id:watakawa:20210620115002j:plain

駅周辺に明かりはない

鹿児島中央加治木駅間の運賃は480円SUGOCAエリアのため全国共通ICカードも利用でき、今回私はいつも使っているSuicaで移動することができました。

この加治木駅肥薩線が分岐する隼人駅の一つ手前の駅で、やはりたくさんの高校生が降りていきました。それと同時に駅前のロータリーにはたくさんの自家用車がかわるがわるやってきて、我が子をのせては走り去っていく親御さんの姿があります。駅は煌々と明かりが灯っていますが、駅周辺に目立った商業施設等はなく、駅前は本当に真っ暗です。観光客が利用することはめったにない駅といってよいでしょう。

f:id:watakawa:20210620115834p:plain

路線バスに乗り換えます

さて、この加治木駅から何を利用するかと言いますと、南国交通の路線バスです。駅を出てすぐのところに立つ古そうなバス停のポールには各方面への時刻表が記されており、見てみるとところどころに「鹿児島空港」の文字が。というわけで18:35に加治木駅を発車する便に乗車していくことにします。

f:id:watakawa:20210620120212j:plain

ブレブレですみません

駅前でバスを待つ乗客は私一人だけ。程なくすると1台のマイクロバスがやってきました。あまり路線バスには見えない風貌で、わかりづらいですが前面の方向幕には「空港」とだけ記されています。この近辺に鹿児島空港以外には空港はなかったと思うので、これで間違いないはずです。さっそく乗り込んでいきます。

f:id:watakawa:20210620120741j:plain

すぐに自分一人だけ

バスはしばらく加治木の市街地を走っていきます。大きな商業施設や観光地はありませんが、鹿児島市内への通勤通学圏内でベッドタウンとしての役割を果たしていると思われます。私の他に1人だけお客さんがいらっしゃいましたが、程なくして降りていかれ、私一人だけの貸切状態になりました。

f:id:watakawa:20210620121004j:plain

山道を上っていく

すぐに市街地は終わり、バスは次第に急な登り坂へと入っていきます。個人的になぜか空港というと海沿いのイメージが強いのですが、鹿児島空港は内陸にあり、しかもそこまでの一般道はどの方面から進んでも険しい山道となっています。空港リムジンバスは鹿児島市内から「溝辺鹿児島空港IC」まで九州縦貫自動車道という高速道路を経由するため、このような険しい山道を通ることはありません。外の車窓は真っ暗で、ツーンとする耳をこらえながら乗車していきます。途中のバス停でも一切乗降はなく、また民家もかなりまばらに見えます。お世辞にもこれが”空港”へ行くバスだとは言われなければわからないレベルです。

f:id:watakawa:20210620121531j:plain

鹿児島空港に到着!

そしてレンタカー屋さんの明かりが見えてきたところで、バスはいよいよ終点の鹿児島空港へと到着。時刻は18:56ということで約20分間の乗車で、運賃は350円でした。

JRの運賃と合わせると、480+350=830円となり、空港リムジンバスより470円も安く鹿児島空港へとやってくることができました!

一方、鹿児島中央駅を17:46に出発しているので所要時間は1時間10分。乗り継ぎにより多少時間には差があると思いますが、リムジンバスの40分よりも早く移動できることは流石になさそうです。とはいえ、大きな荷物等を持っていない身軽な状態なら乗り換えもさほど手間ではありませんし、これで470円も安くなるなら空港への移動手段としては十分アリかなと個人的には感じました。ただしリムジンバスと比べるとJR・路線バスとも本数は極めて少なく、いつでも加治木駅でうまく乗り継げるとは限らないので、利用される際は最新の時刻表をご確認ください

ちなみに他の方が紹介されている、中福良駅から徒歩で行くルートですが、この場合鹿児島中央~中福良駅駅間のJRの運賃は860円ということで、僅差ですが今回ご紹介した「加治木駅バス乗り継ぎルート」の方が安いようです。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。