わたかわ 鉄道&旅行ブログ

乗り鉄&旅好きの現役男子大学生が全国を巡る!

(7)千歳駅で驚愕の○分停車!? 快適な転換クロスシートの普通列車で札幌へ【最長片道切符の旅2021】[沼ノ端→札幌]

f:id:watakawa:20210815130900j:plain

みなさんこんにちは! わたかわです。

今回は最長片道切符の旅4日目の後半の様子をお届けしていきます。

 

2021年8月6日(金)4日目②

岩見沢から沼ノ端まで室蘭本線の苫小牧行に乗車し、沼ノ端では千歳線普通列車へと乗り換えます。乗り換え時間はわずか4分間ということであまり時間はありませんが、周りに気をつけながら早足で階段を上り乗り換えます。

f:id:watakawa:20210812091009j:plain

間に合った!

かなり慌ただしかったものの何とか間に合い、乗車していきます。沼ノ端14:04発の千歳線普通列車 小樽行、721系3両編成での運行です。

f:id:watakawa:20210812091307j:plain

転換クロスシート

車内は先ほどの大混雑の様相を呈した室蘭本線とはうって変わってだいぶガラガラで、首都圏ではまず見ない転換クロスシートが配置されているので快適に過ごせます。また感染症対策で開放されてはいるものの、ドア部分にはデッキも備わっており、もはや特急と大差ないようにすら思えてきます。このデッキは厳しい北海道の冬の寒さ対策ということですが、乗降に時間がかかってしまわないかは気になるところです。

f:id:watakawa:20210812091633j:plain

南千歳からは快速列車多数

沼ノ端を出てしばらくは札幌都市圏の普通列車と函館・室蘭~札幌駅間を結ぶ特急のみが走る区間が続きますが、途中の南千歳からは新千歳空港からやってきた快速エアポートが合流してきます。そのため苫小牧・沼ノ端方面から札幌方面へ急いで向かう場合は、ほとんどの人がこの南千歳か次の千歳で快速エアポートへと乗り換えます。

f:id:watakawa:20210812092137j:plain

千歳で19分間の停車

南千歳をわずかな停車時間の後に発車し、次の千歳には14:21に到着。そして驚くべきことに、何と千歳でこの列車は19分間も停車するのです。発車時刻は14:40ということで、ここで快速エアポートを2本待避します。いくら北海道とはいえ、札幌都市圏で列車本数も比較的多いのに19分間も停車したままというのはなかなか他の大都市では見られない気がします。

f:id:watakawa:20210813165441j:plain

右が快速エアポート143号

普通列車が千歳に到着したわずか数分後、隣のホームには千歳を14:25に発車する札幌行の快速エアポート143号が入線してきました。やはり苫小牧方面から新札幌・札幌といった札幌市中心部の主要駅まで速く移動したい人も多いのか、普通列車に乗車していたお客さんの多くが千歳でこの快速エアポート143号へと乗り換え札幌方面を目指します。普通列車と異なり快速エアポート143号の車内は新千歳空港からのお客さんでかなり混雑しているようで、指定席(uシート)ならまだしも恐らくこの千歳から自由席に着席することは極めて困難かと思います。

f:id:watakawa:20210813165632j:plain

普通列車の車内はよりガラガラに

快速エアポート143号は定刻通り14:25に札幌へ向け出発。ここで後を追うように私の乗る普通列車も発車していくのなら他の都市圏でもごまんとみられる緩急接続に過ぎないのですが、実はこの12分後にもう1本快速エアポートがやってくるということで、これも同じく千歳で先に通すことになります。

f:id:watakawa:20210814230916j:plain

あまりここでの相互乗り換え需要はない

それがこちら、小樽行の快速エアポート145号です。快速を先に通すということは、すなわち先ほどの143号と同じように145号も普通列車快速エアポートの間での相互乗り換えを見込んでいるのかと思いきや、実はこれはそうではないんです。

f:id:watakawa:20210814231225j:plain

快速エアポートは高頻度運転

これはある意味当然で、快速エアポートに乗って千歳にやってきた人の多くは新千歳空港から札幌市内中心部まで移動する人で、わざわざこの千歳で後発の普通列車に乗り換える理由はあまりありません。

逆に普通列車の乗客で先を急ぎたい人もその多くが1本前の快速エアポート143号に乗り換えているので今さらもう1本快速エアポートが来たところで乗り換える人はほとんどいないというわけです。

快速エアポートを2本待避し、145号の後を追うように普通列車は14:40に千歳を出発。大都市圏なのに19分も停車するとはかなりの荒技ダイヤにも思えました。先ほどまでよりも一層空いた普通列車にて、引き続き札幌を目指します。

f:id:watakawa:20210814080011j:plain

窓が曇っていてほぼ何も見えない

余談ですがこの車両は窓の曇りが酷く、車窓がほとんど見えません。これは古さ故なのか、それともあえて目的があって窓を曇らせているのかはわかりませんが、日中でも車窓を楽しむということはほぼ儘ならないわけです。

f:id:watakawa:20210814231548j:plain

北海道だけど北「広島」

長都、サッポロビール庭園、恵庭…と各駅に停車していきながら、普通列車は15:00に北広島へと到着です。北海道なのに広島…?という冗談はさておき、この駅では4分間停車し、後続の快速エアポートと緩急接続を行います。

f:id:watakawa:20210814231931j:plain

733系を待避

普通列車が中線に入線したのもつかの間、側線には快速エアポート147号が入ってきました。こちらは北海道内でも比較的新しい通勤車両「733系」で、自由席の車内はオールロングシートとなっています。

この北広島では、快速エアポート普通列車の間で相互の乗り換え需要がある程度あったように見えます。いよいよ札幌市内中心部に入っていくというところで、快速エアポートが停車せずとも利用客数の多い駅が増えてくるのを実感します。

快速エアポート147号は15:02に北広島を発車。そして続けて普通列車の車内は先ほどより少しだけ混雑度合いが増した状態で、15:04に発車です。

f:id:watakawa:20210815084243j:plain

福島県じゃない、北海道の白石

さらに、函館本線と合流する白石でも4分間停車。この間に旭川方面からの特急1本と苫小牧方面からの特急1本の合計2本を通します。もっともこれより先は函館本線の線路と千歳線の線路が複々線になっているため、旭川方面からの特急に関しては「先に通した」というよりも「たまたま白石駅停車中に隣の線路を走っていった」という感じなのかもしれません。

f:id:watakawa:20210815085647j:plain

札幌に到着!

そんな面白い体験をしながら、普通列車は15:32に札幌駅へと到着。かなり早いですが、4日目の移動はここまでとして、この日は札幌に泊まることにします。

f:id:watakawa:20210815090147j:plain

札幌駅南口とJRタワー

これまで何度も来たことがある札幌の街ですが、思い返せば記念すべき1回目の来訪も今からちょうど10年前の夏でした。当時まだ私は北海道のJRなど大して知識もなく、ただ親に入場券を買ってもらって見慣れない電車や気動車を片っ端から撮影していたのを覚えています。あれから10年の歳月を経て、まさか自分がこれほどまでに深く鉄道にのめり込み、当時とは比べ物にならないくらいの知識を得て、それを活かした日本一周旅行をしているなど誰が想像したでしょうか。

f:id:watakawa:20210815122302j:plain

西4丁目で折り返し

札幌ではフォロワーのまさとれいんさんにお出迎えいただき、札幌市電をご案内いただきました。札幌市電は札幌駅周辺へは乗り入れていないということもあり、実は私はこれまで何度も札幌に来ておきながら一度も市電に乗ったことがなかったのでとても貴重な経験となりました。

f:id:watakawa:20210815123752j:plain

西4丁目~すすきの駅間は区間運休

ちょうどこの日は東京2020オリンピック大会のマラソン競歩の開催期間と重なっており、市街地中心部で交通規制が行われていたため、通常は環状運転を行っている札幌市電が西4丁目~すすきの駅間で区間運休となりCの字に折り返し運転を行っているということで、珍しいタイミングに立ち会うことができました。

f:id:watakawa:20210815123907j:plain

みよしのの「餃子カレー」!

そして札幌での夕食は、「日本の食」16品目となる「餃子カレー」(480円)です。「札幌といえば味噌ラーメン!」と考える人は多いと思いますが、私はこれまでも何度か札幌で味噌ラーメンを食べてきた上に、前の日の晩も旭川でラーメンを食べたところなので流石に2日連続のラーメンは体によくないのでは…と思いこちらにしました。札幌市内にチェーン展開する「みよしの」の看板メニューで、名前の通りカレーライスの中に焼き餃子が3つのっかっています。餃子とカレーって合うの…?と疑問かもしれませんが、これが案外合うんです! にんにくの効いた餃子はカレーの風味にも負けずしっかり存在感があり、あっという間に完食です。

f:id:watakawa:20210815124104j:plain

今回はドミトリー

この日宿泊したのは狸小路のアーケード内にある「グリッズ札幌 ホテル+ホステル」。2,800円でドミトリーの上段に宿泊しました。ネットカフェよりも少し高いくらいの価格ですが、ドミトリー内は広さもあり、岩見沢駅でいただいたチョコレートを共用の冷蔵庫で冷やすこともできたのでかなり便利に1泊滞在させていただきました。

 

本日はここまで。

続きは次回お届けしていきます。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。